ご挨拶

ito_kaicho

一般社団法人日本鋳造協会
会長 伊藤 光男

 このたび、第四回社員総会におきまして、会員の皆様のご推挙により第四代会長に選任いただきました。大変重いお役でございますので、その責任の重さに身の引き締まる思いでございます。浅学菲才の身でございますが、よろしくお願い申し上げます。会長就任にあたり、一言ご挨拶を申し上げます。

 日本鋳造協会は、2005年7月に鋳造3団体が合併し、鋳造の中核団体として設立されました。初代加藤喜久雄会長は、鋳造産業ビジョンを作成されその後の協会運営の指針を示されました。第二代中谷兼武会長は、2008年9月のリーマンショックにより激減した需要による経営の危機に直面した鋳造業界のため雇用調整助成金の要件緩和に尽力されました。第三代木村博彦会長は、2015年5月の第3回アジア鋳造フォーラム(AFF)東京開催をはじめ、アメリカ、ドイツ、中国、台湾等と深く交流し、日本の鋳造業の国際化に貢献されたことは記憶に新しいところです。その間、2009年7月には社団法人日本非鉄金属鋳物協会が、2014年5月には日本鋳造機械工業会が新たに加わり、文字通り鋳造産業を代表する組織となりました。これは偏に歴代会長をはじめとする協会の皆様方のご尽力によるものでございます。

 さて、これからの鋳造業を取り巻く環境は、どのように変化するでしょうか?
かなりの激変が予測されます。私が入社した40数年前は、日本以外のアジアの国々ではものづくりは出来ないという事が定説でした。技能伝承、人材育成、労働者の定着率などの問題があり難しいという事でした。しかしながらその定説は崩れ、アジアの国々は日本の強力な競争相手となっております。NC(数値制御)化と自動化の進展によりそこそこの製品が、いろいろな国で製造できるようになったのです。 また、CAEによる鋳造技術の「見える化」により技術の伝承と製品品質の向上が行われてきました。

 現在は、その変化にも増した大きな波が製造業に起こりつつあります。それは、インダストリー4.0やIoTであり、さらにそれらを可能にするIT、AI(人工知能)の驚異的な発展です。また、人口減少社会に突入した国内マーケットの縮小と海外市場への展開など様々な要因が、鋳造業界にかつて無かったような変化をもたらすかもしれません。

 これらの変化に対応できる鋳造業の指針として新鋳造産業ビジョンを作成し、さらにはそれを具現化するアクションプランを策定しなければなりません。また、そのアクションプランを通じて、会員企業の一助となる役割を日本鋳造協会は担なっていかなければならないと思います。重ねて、その変化に耐えられる人材づくりの教育プログラムとして、公益社団法人日本鋳造工学会のご協力をいただきながら鋳造カレッジ(初級から上級)の充実を図ることも必要です。

 私どもは微力ではございますが、役員、事務局ともども尽力してまいる所存でございます。経済産業省を始め関係官庁、関係団体並びに会員の皆様のご支援ご鞭撻をお願い申し上げます。

 

〒105-0011 東京都港区芝公園 3-5-8 機械振興会館 501号室 TEL:03-3432-2991  FAX:03-3433-7498  ≫アクセスMAP
Copyright© 2011 Japan Foundry Society,lnc. All Rights Reserved.