3月, 2012年

【経産省】今夏の電力需給見通しと当面の対応について

2012-03-27

 経済産業省より「今夏の電力需給見通しと当面の対応」に関して周知依頼がございましたので、以下のとおりお知らせいたします。

 政府では、電力不足対策を行い需給ギャップの解消に努めておりますが、各電力会社管内におきまして相当厳しい見通しとなることが想定されています。そのため、電力会社においては、料金割引となるきめ細かい需給調整契約のメニューを用意し、大口需要家(契約電力500kW以上)の皆様に対し、加入のお願いを開始しつつあります(【参考】関西・九州電力メニュー)。

 各事業者におかれましても、電力会社とよく交渉し、各社の実態に応じた需給調整契約を結ぶなどの対策を御検討いただきたく、電力各社のホームページにあります需給調整契約を含む料金プランをご紹介いたします。

 こちらに掲載されているのは極基本的なプランですので、詳しくは各電力会社にお問い合わせください。

今夏の需給見通し・当面の対応
【参考】関西・九州電力メニュー

北海道電力「事務所ビル・商業施設・工場などのお客さま向けメニュー」http://www.hepco.co.jp/userate/price/ratemenu/menu_business/menu_business.html

東京電力 「高圧・特別高圧の電気料金メニュー」
http://www.tepco.co.jp/e-rates/corporate/charge/index-j.html

関西電力 「標準的なメニュー概要」
http://www1.kepco.co.jp/yakkan/high_top.html

中部電力 「工場などのお客さま向け-ビジネス・法人向け料金メニュー」 http://www.chuden.co.jp/ryokin/business_menu/bus_factory/index.html

九州電力 「料金メニューのご案内」
http://www.kyuden.co.jp/agreement_rate_index_080901.html

【経産省】ものづくり展 -MONODZUKURI EXHIBITION- の開催について(3/20~4/8@国立科学博物館)

2012-03-23

 経済産業省は、平成24年3月20日(火・祝)より、国立科学博物館(台東区上野公園)において、第4回「ものづくり日本大賞」受賞案件の展示を中心とした「ものづくり展 MONODZUKURI EXHIBITION」を下記のとおり開催しておりますので、ご案内いたします。
 本展示会では、経済産業省で選定した第4回「ものづくり日本大賞」受賞案件(内閣総理大臣賞、経済産業大臣賞等)について、実物展示やパネル展示を行っています。また、震災復興を祈念して、被災地の小中学生自身が “復興に向けた希望の象徴”となるモチーフを選んで撮影した写真もあわせて展示しています。世界最高水準の我が国ものづくり技術が一同に会する絶好の機会です。
 ご家族全員でお楽しみ頂ける内容と存じますので、多くの皆様に来場いただきますようよろしくお願い申し上げます。

【展示会名】ものづくり展 -MONODZUKURI EXHIBITION-
【会  場】国立科学博物館(台東区上野公園7-20)日本館1階 企画展示室及び中央ホール
【開催期間】平成24年3月20日(火・祝)~4月8日(日)
【開館時間】午前9時~午後5時  (金曜日は午後8時迄、入館は各閉館時刻の30分前迄)
【入 館 料】一般・大学生:600円、高校生以下・65歳以上:無料(常設展示入館料含む)
【主 催】経済産業省
【共 催】独立行政法人国立科学博物館

<参考:プレスリリース>
http://www.meti.go.jp/press/2011/03/20120306001/20120306001.html

【素形材センター】「素形材産業技術表彰」募集のご案内(会員専用)

2012-03-22

会員専用ページをご覧ください。

【JFS】平成24年1月分生産統計でました

2012-03-19

平成24年1月分の生産統計を掲載しました。

【JFS】平成24年度鋳造カレッジ受講生募集のご案内

2012-03-16

平成24年度鋳造カレッジ受講生の募集を開始しました。

ご応募くださいますようご案内申し上げます。

下記協会ホームページに掲載しています。

http://www.foundry.jp/cast_college.html

【経産省】平成24年度ブラジルミッション参加者募集について(会員専用)

2012-03-13

 会員専用ページをご覧ください。

 

【JFS】【重要】会長名お願い文書「原材料・エネルギー費等のコスト増に対するお願い」について(会員専用)

2012-03-12

会員専用ページ「協会からのお知らせ」をご覧ください。

【JFS】東京電力 中小企業向け「サマーアシストプラン」について

2012-03-12
東京電力より3月5日発表された500kW未満の中小企業向け「サマーアシストプラン」について簡単にご説明します。
①デマンドダイエットプラン
過去1年間の最大電力(契約電力)より7~9月の最大電力が少ない場合、自動的に割り引かれる制度です。
溶解のためには一定の電気量が必要なため、難しい面もありますが、申込の必要はありません。
②サマーホリデープラン
休業日を土日から平日に切り替えた場合、1kW当たり210円、契約電力の最大50%まで割引き。
東京電力への申込と休業日の調整が必要となります。
③ウィークリープラン
東京電力が前もって連絡してきた週の翌週(月~金)の13~16時にその月の最大電力から50kW以上節電した場合、
1kW当たり126円の割引き。申込の必要があります。
東電から前もって連絡があるかどうかは不明ですが、7~9月の溶解時間を13~16時から避けることができる企業は適用される可能性が高くなります。もし節電できなくてもペナルティは課せられません。
詳細は、添付資料もしくは東京電力にお問い合わせください。
また、引き続き粘り強い交渉もお願い申し上げます。

サマーアシストプラン

【JFS】東京電力の電力料金値上げに対しての要望について

2012-03-12

当協会では、去る3月8日、東京電力本社において電力料金値上げに対する要望を行 いましたのでご報告致します。
はじめに、東京電力の高津浩明常務取締役・お客様本部長に対し、中谷会長より「東京電力料金値上げの見直しを求める意見書」、東京電力管内事業者代表の仁科副会長 より「東京電力料金値上げに対する要望書」が手渡された。
次いで、中谷会長から意見書の説明、仁科副会長から要望書の説明がなされ、高津常務取締役から具体的な要望項目については、検討して回答したい旨の返答を得て、1 週間以内に文書にて回答することとなった。詳細は、下記「東電への要望報告(本文)」をご覧ください。また、東京電力からの回答について改めてご報告します。

「東電への要望報告(本文)」

(添付書類)
・「東京電力料金値上げの見直しを求める意見書」
・「東京電力の電力料金値上げに対しての要望について」

 

 

【経産省】24年度サポイン事業に係る事前予告及び技術指針改正に係るパブリックコメントの募集開始について

2012-03-08

24年度公募に係る事前予告について、下記URLにて公表されておりますのでお知 らせいたします。 今回は、技術指針の改正に伴い、公募期間を1ヶ月程度後倒して実施する予定です。

【サポイン事業事前予告】
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2012/0302senryaku_koubo.htm
公募期間 :4月中旬~6月中旬(予定) 採択想定件数 : 130件程度

またこれまで、中小企業庁において「中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関す る法律」第2条第2項及び同法第3条第1項に基づき、「特定ものづくり基盤技術」 及び「特定ものづくり基盤技術高度化指針」を変更すべく、改正に向けた作業を行っ てきたところです。
素形材6分野(金型、鋳造、鍛造、金属プレス加工、粉末冶金、熱処理)の関係団体 の皆様には、既に中企庁より直接ご連絡があったかと思いますが、高度化指針改正案 につきまして、2月24日(金)よりパブリックコメントの募集を開始されておりま すので、併せてお知らせいたします。

【パブコメ】
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=640112006&Mode=0

意見募集期間:2月24日(金)~3月24日(土)

« Older Entries
〒105-0011 東京都港区芝公園 3-5-8 機械振興会館 501号室 TEL:03-3432-2991  FAX:03-3433-7498  ≫アクセスMAP
Copyright© 2011 Japan Foundry Society,lnc. All Rights Reserved.